保育理念

豊かな心、確かな考え、丈夫なからだの人になりましょう
そしてあなたたちのしあわせな世界を作りましょう

乳幼児期の保育は、養護と教育が分かちがたく結びついて展開されます。私たちの保育もそのことを基本に、感じる心、考え判断する力、健康なからだ、友だちと関わる力が、ばらばらでなく、重なり合って培われるよう取り組みます。

豊かな心は、周りの大人に充分受け入れられ、「自分らしさ」を受け止めてくれる自己肯定感の中で培われます。また家族や仲間に認められる体験も大切です。保育園では遊び、読み聞かせやお話し、自然との触れ合いを通して、感じることを大切にします。

確かな考えは、豊かな心を基に、自分の考えや思いに、仲間の率直な意見や行動から学びながら向き合い、確かめたり直したりしてゆく繰り返しで培われてゆきます。
子どもたちが生活の主体として、どうしたらよいのか、話し合い、行動し、また考え合うことを大切にします。

丈夫なからだは、戸外でたっぷり遊ぶことや安全でバランスのとれた食事を楽しくいただくことから始まります。友だちと遊ぶことが楽しい、みんなと一緒に食べると食が進む、仲間との楽しい活動がからだづくりの基礎となるよう取り組んでゆきます。

保育園は子どもが出会う初めての社会と言ってもよいでしょう。お互いに意見を言い合える、聞き合える関係は、対等な仲間関係の中で育ちます。大人の仲立ちをてこに、より良い関係を結んでこそ、子ども集団のもつ教育力が発揮されてゆくのです。